ゆーはなの子育てblog   ― in 前橋 -

産後2ヶ月で前橋に引っ越してきました。初めての子育てをまったり書いていきます。

使って(読んで)よかったもの -考えない台所ー

     

今回は使ってよかったというより読んでよかったものなんですが、以前テレビで紹介されていた「考えない台所」という本を読んで、ちょっと料理が楽になったのでご紹介です。

著者は高木ゑみさん。慶応を出て料理研究家になられた、きれいな方です。

たまたま見ていたテレビで、台所の収納やコツを紹介していたので図書館で借りて読んでみました。

この方の料理教室は人気があるそうです。確かにモデルルームみたいにきれいなキッチンと、素晴らしい手際の良さで、おいしく・素早く・きれいに調理されていました。

 あんな風に料理できるようになりたいです。

 

         

 

テレビでは台所の収納と導線を見直し、無駄な動きを省くことで効率化をしていました。

 

毎日作るお味噌汁の小鍋だけは、あえてガス代の下ではなく、シンクの下に置いてすぐに水を入れて使えるようにする、というアイディアはすぐに実践させてもらいました。

 

また、食器などの配置も見直しました。

毎日使う主人と私のご飯茶碗・お椀・お箸は食器棚や引き出しから出し、扉を開けずにワンアクションで取り出せるよう吊り戸棚の上にカゴを設置して、その中に置くようにしました。同様に毎日使うスプーンやコーヒー、麦茶も吊り戸棚へ。娘の離乳食用の食器もここに置いています。

我が家ではシンクの上の目線よりちょっと上の吊り戸棚が一番取り出しやすい場所です。いわば我が家の1軍選手たちですね。

f:id:y-hana:20171024090405j:plain

 

カゴとかちょうどいい大きさのものがなくて、今は百均のですが…^^;

改めて色や大きさを揃えて、もう少し見た目もきれいにしたいと思っています。

 

でもこれだけでずいぶん楽になりました!

振り向く、食器棚の扉の開ける、取り出す、閉める、の4工程が一気に取り出すだけの1工程に減りました。無意識に「食器は食器棚」という固定観念があったので、まさに目からうろこでした。なぜ今まで気づかなったんだろう…

 

調理のときも、あらかじめ材料をすべて取り出し、冷蔵庫を開ける回数を減らす。

すべて一気に切って、一気に加熱する。まな板は何度も洗わずに済むよう、使う順番を考えて切る。こうして必要な工程を分け、なるべく一度にまとめてすると、ずいぶん効率化できます。これまで私は考えずに調理していたんだなぁ、と実感できた本でした。

 

本に書かれたすべてを実践しているわけではありませんが、自分が取り入れたいところだけ、いくつかマネをさせてもらっています。おかげで少し調理時間が短くなりました。

 

毎日使うものをワンアクションで取り出せるようにするのは、基本的なことなのに今まで意識していませんでした^^;

台所以外でもできることなので、他の収納も見直しているところです。

よかったら読んでみてくださいね☆